暑くて 寝苦しい日々が続いています が クーラーに入りすぎていませんか

クーラーをつけて寝ると どうしても 朝がだるいですよね!


暑いからと言って 網戸のまま 窓を開けて寝ると そのあと 体のだるさなど
体調不良に陥りますね!


そのだるさを どうにか解消する方法を  公開します

毎日 暑い夏の夜  室温が 26度 27度ならまだしも  29度  30度を超えるともうたまりませんよね
寝苦しい 夜が続きます


(エアコンを 一晩中つけて 寝ると 寒すぎて体調が悪くなりますね そのあとの体のだるさは  しんどいの一言ですね)?


思わず、窓を開けて 寝ると 外の気温も 熱帯夜では 高いので  大した効果を期待できません
そして 暑いから 知らず知らずのうちに上掛け布団から はみ出します
すると さあ 大変!! ひと晩で寝冷えをしてしまいます

それと  暑いから どうしても  タオルケット・ガーゼケット等の上掛け布団がはだけます すると 寝冷えをします この時期どうしたらいいのか  ほとほと 悩みます  何処か涼しい 高原に逃げたいと と 思うのは  私だけでしょうか


高原に行けない人必見ですね いけない人は  写真でも見て 妄想しても 涼しくなりませんね!





でも 現実は なかなか そうはいきません

高原に出かけられない人 必見ですね!!

そこで  私は 熱帯夜の対策として


「エアコンなし 扇風機なしで快眠する方法」


とっておきの情報をシェアしようと思います

まず、眠りにつくには 『 効率よく  体温を下げることです』


人間は体温が下がらないと  眠りにつくことはできません


寝しなの 入浴はできるだけ 避けることですね!


特に 深部体温が高いと  眠りにつくことができません


人間は体温が下がらないと  眠りにつくことはできません
寝しなの 熱いお風呂の入浴はできるだけ さけることですね


この時期は お風呂に入って しっかり 体を温めることは避けることです
シャワー 程度か 行水の感じで入浴するぐらいに とどめてください
または 水風呂ぐらいの感じがいいです  体を冷やすぐらいが丁度いいですね

更には 就寝前1~2時間前から  氷嚢に氷を入れて 腰・背中を冷やしておくと  眠りに入りやすくなります



深部体温が高いと  どうしても 眠りが浅くなります
又、手・足も冷たくなります


深部体温を上げてしまうので 便秘も禁物ですよ
この真夏でも 手・足が冷たいという人は  保温するといいと思います

いよいよ、本題です

熱帯夜の対策に エアコンなし 扇風機なしで快眠する方法



それは


ズバリ

ウォーターバックです  ミネラルウォーター20Lの袋です
氷でのアイシングです

冷やすポイントが重要です(保冷剤はやめてください凍傷の危険があります)


ウォーターバックです
正式名称は  「バックインボックス フィルムタイプ 20L」




簡単に言うと  ミネラルウォーター 20Lを買うと  この入れ物の中にミネラルウォーターが入っているのがあります
20L のミネラルウォーターを購入すると全ての商品がこの中に入っているわけではありませんが


ちょうど座布団の大きさになります




その袋に 1/3ぐらいに水を入れます それを 3つ用意します
その上に 大きめのバスタオルを引いて 寝ます  冷たくて気持ちがいいですよ


骨盤部の所にウォーターバックの中心が来るように寝るといいです





一度 寝てみて  水平感があるどうかを確認してください  この水の調節が面倒ですが
セットは  1シーズンのみ1回ですから  そのぐらいは我慢ですね




一晩寝てみての感想は



しっかり 眠ることができます
タオルケット・ガーゼケット等の上掛け布団を 暑いからといって  はだける心配はありません
しっかり朝まで かけて 就寝できます


暑いと思って 目を開けることはありません
網戸を閉めて 窓を開けても  タオルケット・ガーゼケット等の上掛け布団がかかっていると  暑いと思って 目を開けることはありませんので 問題がありません


寝冷え・だるさの原因は  全身を冷やすと なります
クーラーの入りすぎは  だるさの原因は全身を冷やしているからですね 発汗が少なくなっているので
体に 熱がこもている状態ですね

問題点は


ウァーターベットではありません
あくまで ミネラルウォーターの袋ですので
耐久性には難がありますが  巨漢の人でなければ大丈夫です


水漏れが心配ですが  結構 丈夫に出来ているので 大丈夫です
しかし、 この上で 子供が跳ねれば 水漏れ・破れます
ペットも暑いので  この上で 寝たがります
爪を立てれば穴が開きますので 十分に注意をしてください


昼間は 日の当たらない  涼しいところに 保管をしてください
この動作は面倒ですが  この暑さのことを 思えは  十分にできると思います

ウォーターバックの水は  一晩たつと 水がお湯になっています 体温と同じになっています


それでも 冷たく感じます それは  ウォーターバックの中の水が 対流を起こしていますので 冷たく感じます


冷え冷えマットで 寝てみるとわかりますが  最初は冷たくていいのですが  2時間3時間するとマットが熱くなり  鬱熱がマットにこもりますので その後は 暑くて寝られませんが  ウォーターバックはそのようなことはありません  朝まで冷たく感じます

これに合わせて  
氷でのアイシングを併用するともっといいですね

どこに冷却するかというと  一番は深部体温が下がる場所です
良く TVで熱中症の応急処置を解説していますが その場所です
首筋・脇の下・鼠径部・がいいのですが

私は  鼠径部がいいのですが 2つ使うのが大変なので  股間部に挟んで就寝しています
氷嚢に氷を 目一杯 入れて 就寝します 全身の体温が下がって 就寝できます


注意は 保冷剤・アイスノン等は温度が 一定ではありません  氷は安全です 溶けるときに0度  凍る時に0度ですから
氷水は 0度ですので安全です


保冷剤等は0度以下があるので凍傷の危険があります
霜のついた 氷は0度以下ですので  お水をかけて氷嚢の蓋をしっかり閉めれば 水漏れの心配もなく大丈夫です 難を言えば 結露ですが (株)富士商の 氷嚢は 表面での加工がいいので 気にならないです商品が優れています  高温・多湿の国ですからある程度はしょうがありませんね

商品ですが アマゾン プライムとアイリス で 配送料がちがいます 地域によって 値段が変わりますので  吟味してみてください